アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2014年6月22日 のアーカイブ

イスラム教と仏教の急増を示す米国の宗教人口

Most Americans identify as Christians, but a deeper look into the faiths that rank second across the states shows a nation in flux.

米国多数派の宗教は引き続きキリスト教であるが、2010年の国勢調査に基づく2012年の宗教団体の統計学者協会(ASARB)の研究では、全米で他の宗教が増えていることが判明した。これは、地域の産業にも一部関連性がある。また、2000年から2010年までの人口動態調査に基づき、2012年に公表された米国国勢調査の情報によると、2008年のイスラム教と仏教の人口層は1990年に比較すると著しく急増している。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。